「日常と映画の関係」で記事にする前のおぼえがき的映画第一印象メモ。


by callingu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

クワイエットルームへようこそ

なかなか楽しい。

ポップな感じ。少しなぞめいた感じも。

内田有紀は何か吹っ切れた感じがあり、蒼井優はやはりうまく、
大竹しのぶの痛キャラも面白く。

松尾スズキの原作・脚本・監督作品ということで、
大人計画の面々。

クドカンとか、宍戸美和公とか平岩紙とか。

それにしても、舞台系の役者って、なんでこんな無茶苦茶な芸名なんだろうね。

伊勢志摩って・・・みたいな。

それから、ハリセンボンも出てた。

箕輪はるかが笑えるキャラ。

全体的にキャスティングが面白く、テンポもよく、随所にナンセンスな笑いがあり、
ちょっとしたミステリーにもなっていて、なかなか楽しめた。

夜更かしして観るのにいい作品だね、これは。
[PR]
by callingu2 | 2008-12-16 10:32 | ドラマ