「日常と映画の関係」で記事にする前のおぼえがき的映画第一印象メモ。


by callingu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

幸せのレシピ

オチは読めてしまうけれど、タイトルどおり幸せな気持ちになる、やさしい映画。

料理も美味しそう。


それにしても、キャサリン・ゼタ・ジョーンズは、圧倒的に美しいね。

あんなに美しく生まれちゃったら、この世のものなんでも手に入っちゃいそうだなあ。

でも、旦那はマイケル・ダグラスなんだなあ。

ふうむう。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-29 23:34 | ドラマ

憑神

妻夫木君がかわいい。

森迫永依がかわいい。



もうちょっと広がりや迫力があるかなあと思っていたのだけど、

ちょーっとこじんまりしすぎていたかな、と。

実にあっさりした作品で。


なかなか俳優陣は面白いんだけどねえ。

佐々木蔵之介、夏木マリ、西田敏行、赤井英和・・・


「平成狸合戦」とか「千と千尋の神隠し」とか、ジャパニーズもののけコメディ系のジブリ作品を実写化したみたいな世界観だな、と思った。

幕末話のスケールと絡めるのは、ちょっと無理はあるけどね。


武士の悲哀みたいなものを描いたのは面白かったかな。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-29 17:08 | コメディ

新入荷11

「海でのはなし。」


「恋愛睡眠のすすめ」


「憑神」


「幸せのレシピ」
[PR]
by callingu2 | 2008-07-27 22:10

男はソレを我慢できない

どうなんでしょうね。これは。

大宮エリーという個人的に気になる存在が脚本をやっているというのもあり、
観てみました。

とにかく出演陣は豪華。

竹中直人、鈴木京香、大森南朋、小池栄子、清水ミチコ、ベンガル、高橋克実、温水洋一・・・すごいよね。すごい。

で、下北沢オン・パレード。

街興し(?)映画なのかな?とでも思うような。

まあ、この映画、シモキタ・シネマ・プロジェクト、っていうらしいけど。


私にとっても、シモキタは思い出深いまち。
大学から近かったので、上京したばかりのころ徘徊してたまちです。

そしてそれは、大学の同級生である大宮エリーにとっても同じはず。

小池栄子はシモキタ出身だしね。
駅前のパチンコ屋が実家らしい。


まあ、ようわかりませんが、ハイテンションなエロムービーでした。

正直、脚本がどうこうっていう感じじゃない映画なんだけど。

まったくナンセンスなテイストで。


下北沢=山の手の下町が舞台の人情物語ということで、
主人公は「大河=タイガー=寅さん」
その妹は「ちえり=チェリー=さくら」
っていう。


方向性や価値が分からないわけではないのだが、
好みとしては、まあまあかな、というかんじ。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-21 00:01 | コメディ

インストール

綿谷りさ原作、片岡K監督、ということで。

片岡Kというのは、昔、「文学ト云フ事」という、
純文学の予告編を映像化するという深夜番組があって、
その演出をしてた人なんですねえ。

私、この「文学ト云フ事」が好きで、
それが理由で、この「インストール」も観てみました。

「文学ト云フ事」で、よく主演を務めていたのが
緒川たまきと井出薫。

私は当時、この井出薫という当時人気が出始めていたアイドルに似てると
よく言われました。
年も1コ違いだし。

それが、若干ハタチの井出薫は片岡Kと結婚して
あっちゅうまに芸能界を引退してしまったのです。
んなわけで、いまや幻のアイドル扱いです。

ですが、「インストール」には、実は井出薫が出演してます。
ちょこっと。
妖しい人妻役で。

まあ、映画としては、

うーん、

あまっちょろい感じかな。

上戸彩が下手だから?
何やっても漫画っぽいから?


なんかねー、特に感じるものはなく。


神木隆之介君はかわいいけどね。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-20 23:52 | ドラマ

オーシャンズ13

第3弾。

今回は、ジュリア・ロバーツもキャサリン・ゼタ・ジョーンズもいなかったけど、
13人いたんかいな?

したがって、女性の華が少ないですな。
まあ、べつにいいけど。

ソダーバーグ的スタイリッシュサスペンス。

ブラピにしてもマット・デイモンにしても大した活躍がなくて
ある意味で贅沢って言えばいいのか。

どうせ全部うまくいくってことだけは分かってるので
スリリングさはないし、およそ先が読める。

でも、ま、かっこいいからいいってことにするか。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-16 00:20 | サスペンス

新入荷10

男はソレを我慢できない

インストール

オーシャンズ13
[PR]
by callingu2 | 2008-07-14 12:15

テルマ&ルイーズ

91年の作品。

80年代から90年代前半にかけての映画、
特にアメリカと日本の映画は、どうも私のセンスに合わない。

ハイウエストのジーンズだったり、
爆発したような金髪のウェーブヘアだったり、
だぼついた肩幅の広いジャケットだったり、
そういう時代感がダメ。

おそらく時代として、「男っぽい女」がかっこよかったんだろうと思う。

で、この映画も、そんな感じで。

テーマは女性解放なんだろうなあ、と。

主人公2人が、どんどんアホな方にアホな方に進んでいくのが痛い。
もちろん狙ってるんだろうけど。

私は、ちょっと、だめだなあ。なんか。
感覚的に。

元になっている事件は、「モンスター」と同じアイリーンなんだそうだけど。
全然違う映画。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-12 11:31 | ドラマ

天然コケッコー

ちょうど今の自分のテンションにフィットする映画で、
なんだか素直に、ええな~と思った。

田舎の中学校のお話。
小中あわせて全校生徒6人の学校。

原作は知らないので、これがどんな漫画だったのか
あまり想像がつかない。
漫画にしては、起伏のない話。

夏帆は、確かにかわいい。
タイムスリップしたみたいな清純派。

身体の発育はいいのに、大人なのか子どもなのか分からない
表情や雰囲気がよいのかもしれない。
決して痩せてないのもいい。

岡田将生君も、かわいい。
いま、ぐんぐんキテるらしいね、彼は。

この二人は、スターダストという芸能事務所に所属しているわけだけど、
ここの所属タレントには、
竹内結子、沢尻エリカ、柴崎コウみたいな正統派美形女優とか
安藤政信、市原隼人、柳楽優弥のような、
やや影ありつつ繊細中性系俳優とかが多い。

大学時代、
このスターダストに所属してるモデルの男の子(高校生)の
家庭教師やったことあるけど、
その子も、繊細中性系な顔立ちだった。
岡田将生を見て、その子のこと思い出した。
今はモデル辞めて、医学部に行ったんだけど。

ま、そんなこと思い出しつつ。

映画自体は、自分の中学時代を思い出しつつ。

ほんわりとしました。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-09 01:38 | ドラマ

新入荷9

天然コケッコー

テルマ&ルイーズ
[PR]
by callingu2 | 2008-07-08 20:21