「ほっ」と。キャンペーン

「日常と映画の関係」で記事にする前のおぼえがき的映画第一印象メモ。


by callingu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スカイ・クロラ

久々に映画館で鑑賞。

いいね、やっぱり映画館は。
理由なくわくわくする。

やっぱりもっと映画館に行こうって思った。

で、観たのは「スカイ・クロラ」。

押井守のアニメ映画。
ヴェネツィア国際映画祭作品賞にもノミネートされてます。

なぜこれを観ようと思ったかっていうと、まあ、なんとなく。

押井守が好きだし、加瀬亮が好きだし、みたいな。


感想。

不思議な話だが、開始10分で話のオチが分かった。
ループする。そのループの一区切り分。
たぶん、そういう作品なんだろうな、と。

それは最初から分かっていたのだけど、その予感をもちつつ、
一区切り分をどう描くかということに注目。

どこの時代のどこの国のことかもよくわからない、謎の多い話。
まあそれも、押井守的。

最近、俳優がアニメ映画の声優をやるケースが増えているけれど、
正直、あんまりそれでいいと思ったことはない。

加瀬亮みたいないい俳優でも、声優では、いまひとつ。

ナチュラルであるということは、実写では自然でも、
アニメではむしろ不自然に映る。

いわゆる、棒読みに感じる。

声だけでいろんなことを表現するというのは難しい。

その点、谷原章介は上手だな、と思った。
彼はいろんなアニメ映画で起用されているが、
それで経験を積んだおかげなのか、
あるいは上手いから出番が多いのか。

ナチュラルさと、オーバーさの、絶妙のバランス。
そもそも、あの人、声が異常にいい。
実写ではややオーバーだと思うけど、声優としては抜群。

ちなみに、菊地凛子は、実写でも声優でも、個人的にはぱっとしない役者。
オスカーノミネートされてたけど、かいかぶりすぎなような気がする。

栗山千明の方がうまい。

この二人を配役したのは欧米でのセールス考えたんだろうね、きっと。



製作者が作りたいものを作った、という映画だと思った。
悪くない。

モチーフが、ことごとくアンチテーゼになっている。

戦争、大人、死、記憶。

teacherがなぜfatherなのか、もきっと意味があるんだろう。
が、よく分からない。
[PR]
by callingu2 | 2008-08-11 00:16 | SF

海でのはなし。

うーん。

映画としては、正直きつい。


学生の習作みたいだなあ、と。

出演者が異様に豪華であることを除けば。



どうやら、もともとWEBムービーだったらしく。

だとすると納得。

WEBムービーっぽいもん。すごく。



脚本に、大きすぎる矛盾があって、

その違和感がぬぐえず、しらけてしまう。

そのことに書いている本人が気づいていないわけないと思うので、

たぶん、いろんな大人の事情でそうなったんだろうと慮る。



これは、映画じゃないから。

クリエイターが作りたいものを作ったんじゃなく、

クライアントが求めるものを作ったんだろうと。



大宮エリー。

面識はないものの同級生なんで、他人と思えないんだけど、

この作品は彼女のカラーじゃない気もするし、

意外と彼女、イイ人なんだろうなって。


我を通すより、みんなのこと考えちゃう人なんだろうな、って。


なんとなく、彼女の作品を見てて思う。



でも、映画はやっぱり、製作者の強烈な「我」が必要かもしれない。

そういうものしか、心を動かせないと思う。


だから、これは、やっぱり映画じゃないと思う。



あと、スピッツの曲も、使い方がちょっと変。

中途半端でとってつけたみたい。



でも、アリストテレスや物理学の話。

いくつかのエピソードには、理系な彼女が垣間見えたよ。
[PR]
by callingu2 | 2008-08-04 10:38 | ラブストーリー

恋愛睡眠のすすめ

やっぱり私は、ミシェル・ゴンドリーは好きなんだなあ。

あの、現実と夢が錯綜するポップな感じ。

でも、ちょっと病んでる感じ。


この作品もとてもかわいくて好きなんだけど、最後はよく分からなかったなあ。


クレイアニメーションぽいところとか、
1秒タイムマシンのくだりとか、
すごく好きなんだけどね。


夢の中に逃げるしかできない、半分以上病気の男性。

そして、「エターナル・サンシャイン」と同じこと言ってるよ。



「君を好きになる前の僕に戻してくれ」



恋というのは、ほんとうに、全部をめちゃくちゃにしてしまう。


だけど、やめることができない。
[PR]
by callingu2 | 2008-08-04 10:28 | ラブストーリー