「ほっ」と。キャンペーン

「日常と映画の関係」で記事にする前のおぼえがき的映画第一印象メモ。


by callingu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ボーンシリーズっていいなあ、って思うのですよ。

アクションなんだけど、知的で、影があって。

映像の質感がいい。

全体に灰色がかっていて、いつも曇ってる感じ。

ヨーロッパの暗い暗い空。

無国籍感というか、国際的に飛び回る感じもいいよね。

たとえば、007やミッションインポシブルも同様に、ワールドワイドな感覚があるけど
それらが基本明るいっていうか、アホっぽいというか、エンタメっぽいというか、
そういうトーンであるのとはまた違った、
くらーさがあってね。

主人公はあんまりしゃべらないしね。笑いもしない。

女にもてまくったりもしない。
色気少なくストイック。

お色気美女も出てこないしね。

本作ヒロインのジュリア・スタイルズとか、どう見ても美人じゃない。
デボン青木かと思った。
ボンドガールにはまずなれないでしょう。

まあ、あんくらいの方がリアルってもんだけど。
マット・デイモンとのバランスもとれてるような。

ああ、そういう意味では、全体的に
ボーンシリーズって、マット・デイモンのはまり役なのかもね。
寡黙で、知的で、タフで、そいでもって、地味。
マット以外に、これをやる役者がいたかと考えても、
なかなか思い当たらない。

なるほど。

アクションシーンは、タンジールの狭い路地を使ったところとか面白かった。
イスラムの街は迷路みたいで、物語が生まれやすい。
このへんは、007を観てる気分になったけど。

今回、3部作の完結編ということで、ボーンの正体や過去が判明するんだけど、
それ自体は、ちょっと弱かったかなという印象。

胸に来る感じはない。

どうしてボーンが記憶を失う決意をしたのかとか、
失う以前の生活はどんなだったのかとか、
そういうのがよく分からないままだった。

切なさが足りないかなあ。

でも、もう続編は作らなくていいよ。
これで、完結にしよ。
十分、面白かったから。
[PR]
by callingu2 | 2008-12-16 10:56 | サスペンス
なかなか楽しい。

ポップな感じ。少しなぞめいた感じも。

内田有紀は何か吹っ切れた感じがあり、蒼井優はやはりうまく、
大竹しのぶの痛キャラも面白く。

松尾スズキの原作・脚本・監督作品ということで、
大人計画の面々。

クドカンとか、宍戸美和公とか平岩紙とか。

それにしても、舞台系の役者って、なんでこんな無茶苦茶な芸名なんだろうね。

伊勢志摩って・・・みたいな。

それから、ハリセンボンも出てた。

箕輪はるかが笑えるキャラ。

全体的にキャスティングが面白く、テンポもよく、随所にナンセンスな笑いがあり、
ちょっとしたミステリーにもなっていて、なかなか楽しめた。

夜更かしして観るのにいい作品だね、これは。
[PR]
by callingu2 | 2008-12-16 10:32 | ドラマ

WALL・E

なんか最近、珍しく新作観てるな、って感じでしょ。

そうなんです。新作を観ています。
もちろん映画館で。

しかも、拡大ロードショー系。

なんでかっていうと、広告代理店で営業やってる友人が某ハリウッド系映画会社の担当になって、その人が、やたら私を誘うからです。

映画いこーぜーと。

仕事的に、新作を観なくちゃいけないけど、ひとりで行くの、さみしーから。っていう。

いい感じに、付き合わされてます。

まあ、映画の誘いとゴルフの誘いは、断る術がないわたくし。
しょーがねーなーとご一緒に。

で、「WALL・E」。

公開翌日に行きました。
久々の品川プリンスシネマ。

もうね。これ、ホラーに次いで、私が苦手とする分野。

ハリウッドアニメ。

食わず嫌いはしない主義だから、観るけどね。ああ、観るけどさ。

でも、「WALL・E」。

まあ、ええ話といえばええ話なわけやけど。

ハリウッドアニメって、ディティールが異様に現実とリンクしてたりするわりに
全体的な世界観とかストーリーとかキャラ設定が中途半端で、
ロボットとか動物とかを一面的に擬人化しすぎてて、
もう、あかんねん。こういうの。

風刺が直接的なのも、好みじゃない。

とにかくね。全体的に好みじゃない。

面白いか?面白い映画か?


まあ、ふつーじゃない?

こどもに見せればいーんじゃない?


いいとも悪いとも言えないです。
好きな人は好きだろうて、みたいな。


毒にも薬にもならん映画です。


観たって事実が大事ということで。

あー、あれね。あれ、いーんじゃない?まあまあよ。って言えることが重要で。


なので、私はこれからも食わず嫌いせず映画を観ます。
[PR]
by callingu2 | 2008-12-08 17:00 | アニメ