「日常と映画の関係」で記事にする前のおぼえがき的映画第一印象メモ。


by callingu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

天使と悪魔

天使と悪魔とかっていうと、

天使のような~悪魔の笑顔~

という、どっちやねん的なマッチの歌が聴こえてくるのは私だけでしょうか?

「ダ・ヴィンチ・コード」の続編、「天使と悪魔」を観て来ました。
有楽町マリオン、日劇へ。

なんかちょっとキレイになりましたね、ここ。
東宝シネマになって。
日本一大きなスクリーンです。

作品の方は、結構面白かった!

前作同様、話は、なんかキリスト教世界のことなので難しいんやけど。
そんなこと深く考えずに、おおざっぱーに観てれば、十分楽しい。

ちょっとだけ久しぶりに見た気がする、ユアン・マクレガー。
好青年風典型的アングロ・サクソン君。

話が二転三転して、おっと、なるほど、そうか、へーと思う。

ローマの街が鮮やかに切り出される数々のシーンは、大変美しく。

ダイナミックさでは前作の方が優れていたと思いますが、
いい感じに見せ場があって、ドキドキハラハラ、
ミステリー&アクション映画として正しい感じがしました。

ナショナル・トレジャーとかと同じ感じなんだけど、
舞台がヨーロッパだけに、もうちょっと詩的。

後半最大の見せ場、とーっても美しくて、大迫力で、感動的なシーンがあります。

あれ、いいねえ。
後々まで反芻しちゃうねえ。

映画は娯楽。これでよしなのです。
[PR]
by callingu2 | 2009-05-18 00:04 | ミステリー

レインフォール

どう考えても、それ、面白くないでしょ。と最初から分かっている映画なのに。
それなのに、観てしまいました。

映画関係の仕事をしている友人に、半額券あるからと誘われ、
「勉強のため」とか言って。

友人は、この映画を観る前に、「レッドクリフPart2」を観てきたそうです。

私もそれがよかったー!!!そっちがよかったー!!!

ていうか、「スラムドック&ミリオネア」が観たい!!!!


なのに、天気のよい土曜日に、「レインフォール」ですよ。有楽町にて。

4月25日に公開されたばかりだそうですが、既に館内ガラ隙き。
GWとは思えません。


椎名桔平と長谷川京子にゲイリー・オールドマン。

狙ったのは、「ボーン・アイデンティティー」と「ブラックレイン」を足して2で割った方向性でしょう。
あくまでも、「狙ったのは」ね。

狙ってはずしてますけど。もちろん。

CIA、警視庁、ヤクザ入り乱れるサスペンス。
くらーいTOKYOと、無意味に挿入されるNYCと。

サスペンスなのに、ほとんど台詞で説明してしまう、ダラダラさかげん。
ステレオタイプなキャラクターたち。

イメージショット的無駄な映像。

プロットが違和感だらけで、もうとにかく全然面白くない。

Time is Moneyだよー

なんでこんなの観ちゃったんだか。
[PR]
by callingu2 | 2009-05-10 16:40 | サスペンス
地上波にて。

原作を読み、単発ドラマで観て、最後に映画を観ました。

映画が一番良かったな。
結構、泣けちゃいました。

樹木希林の、とぼけて、おどけて、柔和なお母さんは、
うちのお母さんにも似ていました。
きっと、誰のお母さんにも似ているでしょう。

私はお母さんが大好き。
それは、よく言う、「友達親子」とか「姉妹みたいな親子」というのではなく、
ただ純粋に、親として大好き。

母には何でも話せるわけではないし、何でも頼れるわけではない。

こういう感覚の愛情というのは、本当に、いつ、どこで生まれたのか、
生まれたときからなのか、育っていく過程の中でなのか、
もう分からないけど、
でも、確かに、それは大事な大事な気持ちで。

もちろん、父も、祖母も、弟も、私にとっては、同じような愛情の対象で。

GW、ずっと実家に帰っていて、
ちょうど東京に帰ってきた夜に、この映画を観た。

実家で、母や祖母のそばにいると、
無駄に「おかあさん」「おばあちゃん」と呼んでしまう。

本当は、もうこんな年になると、
自分自身の家族をもって、愛情の矛先をまた別のところにも作っているべきなのかもしれないけど、
それができていない私は、
近頃は、一段と家族が恋しくなっている。

歯がゆくて、切なくて、やりきれない。
[PR]
by callingu2 | 2009-05-09 10:13 | ドラマ

波の数だけ抱きしめて

ホイチョイムービーの存在はもちろん知っていたけど、
観たことはなかったのです。

どうせバブル期のアイドル映画でしょ?的な先入観で。

で、今回はじめて、実家にてWOWOWで観ました。

織田裕二、中山美穂、松下由樹、別所哲也・・・が、20代前半の頃に出演。

・・・若い!
とくに松下由樹!

で、結構よかったです。
見くびってました。

話は単純といえば単純だし、中途半端に現実のディティールが多いし、
いかにもバブリーな感じもするし、
細かいところのセンスは、決して好きではないんだけど、
気持ちいいほど爽やかなセイシュンものってかんじで。

中山美穂はともかく、織田裕二や松下由樹は、
さすがにその後実力派として成長していくだけあって、
演技も見ごたえ十分。

恋心ってなんだったかなーと思い出す感じがしました。

それにしても、女性たちの色が黒すぎ。
美人台無し。

こんな時代だったんだなー!
[PR]
by callingu2 | 2009-05-09 00:53 | ラブストーリー