「日常と映画の関係」で記事にする前のおぼえがき的映画第一印象メモ。


by callingu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

タグ:★★★★ ( 31 ) タグの人気記事

サヨナライツカ

意外とよかった。
前評判悪くて心配してたけど。

あれは原作が好きな人にはアリだと思う。

評価が低い人の意見は、だいたいストーリーへの拒絶感みたいだし。

確かにテーマがインモラルだから、だめな人にはだめでしょう。

でも、それなりの恋愛経験のある大人には、分かる心理だと思うなあ…

そういうことがあるんだってば。現実は。


映画は、前半は結構ぐっと来た。
冷静になれば現実感はないけど、豊の心理を具現化した映像表現はことごとくよかった。

特に空港の別れのシーンはいいね。

冷たく当たった沓子が切なく去って、90度回転して光子登場。
光子抱きしめて泣き出す豊。
「どうしたの?」と光子。

いいです。とても。

あと、原作にはない沓子と光子の対決シーン。

腹すえまくりの光子の必死さ、
追いつめられた沓子の狼狽、

あれも、意外とよかった。

光子がすべてを知っているという設定は、物語全体の意味づけをだいぶ変えてしまうんだけど。


後半パートは余計なシーンが多くて、ちょっと残念な感じだった。

ウェディングドレスとかいらないと思う。

原作と同じように淡々としてほしかった。



日常と映画の関係の方でも記事にしました。
後悔という罰-サヨナライツカ-
[PR]
by callingu2 | 2010-01-24 11:27 | ラブストーリー

アバター

やっと感想を書きます。
訳あって、公開日の初回に見た、3D「アバター」。

ざっとネットで評判見たけど、かなりいいね。
専門家だけじゃなくて、普通の映画ファンや、単なるミーハーや
たまたまクリスマスに映画デートで見たものすごく普通の人まで、
非常に評価が高い。

なによりも、3D映像そのものに対する感動。
素人がここまで反応できる技術とコンテンツというのは、ただ単純にすごいと思う。

モノクロとカラーの違いとか、モノラルとステレオの違いとか、
ドット画とポリゴン画の違いとか、そういう明確なレベルの違いがあるわけで。

「アバター」の10日ほど前に「カールじいさん」を見て、
劇場で3D映画を初めて観たんだけど(正確には子どものころ、ドラえもん映画で見たことあるけど)
予告編の「アバター」にびっくりした。

「カールじいさん」は飛び出す絵本レベルなんだけど、
「アバター」は、迫力というか臨場感というかね。
画がキレイというだけでは表現し得ないものがある。

なんかね。

おばあちゃんにも見せてあげたい、って思う感じ。

そんな「アバター」。

自然な3Dなのです。
テーマパークのアトラクションみたいに
隕石が飛んでくるとか、モンスターが襲い掛かってくるとか、
ほら、3Dだぞ!みたいな、これ見よがしの演出がなくて、とても自然。
それがいい。

世界を表現してるっていうのかな。
それも、ほんとのリアルじゃなくて、異星という、もうひとつのリアルを舞台にしているのがいい。

完全なリアルを追求するとアラが出るし、比較対象ができる。
CGは、完全なリアルには決して勝てないし、
あえてCGでやる意味もない。

CGでしか表現できない、もうひとつのリアルを
スーパーな技術で、ミラクルなセンスで、
作り上げてしまう、完成させてしまう、その説得力。
それは、技術的背景は多少違うにせよ、
スターウォーズ」や「ロード・オブ・ザ・リング」の境地に近い。
(個人的に、この2作品は別格の価値がある)

見たこともない異星人、植物、クリーチャー。
そこに普通の地球人と見慣れたものの延長線上にある機械文明。
「アバター」においては、これが違和感なく、一つの作品の中に表現されている。
ものすごいレベルのツクリモノなのだが、ツクリモノ感がほとんどない。
これは本当に肝心だ。

SFやファンタジーというのは、現実にないものを現実にないルールで表現するわけで
そこにどれだけ違和感を感じさせないか、自然に引き込むかが勝負。
観客を決して白けさせず、長時間退屈させず、物語に引き込み没頭させる。
夢の世界に引き込んで、夢から醒めさせない。
そう、ザッツ・エンタイメント。

テクニカルな部分での成功要因を分析するなら、
人間の世界とナヴィの世界を、基本的に分離した構造が素晴らしい。

生身の人間が異星人たちのなかに入っていくのではなく、
「アバター」という、もうひとつのリアルを借りて進入していくというギミック。
カプセルに入って、身体と意識を分離して、アバターに魂を宿らせる(=リンクする)というのが
正しくSFらしい面白さを生み出してもいるし、
作品そのものを「ただのエイリアンもの」や「ただの戦争映画」にしていない。

人間の世界は、私たちの世界であって、
ナヴィの世界は、夢の中の世界であって、
観客自身がジェイクのアバターに宿って、
ナヴィの世界を探検し、学び、習い、同化していくプロセスを経験する。
3D映画という体験を知る歓びを表現するのに、絶妙の構造だと言える。

そして、そのナヴィの世界で、遺憾なく発揮される
3D映像ならではの美しさや躍動感が観客を強く魅了する。
現実世界では脚が不自由で歩くこともできない主人公が、
夢の世界では自由に歩いて、走って、跳んで、戦える。

ファンタジックで魔法めいたナヴィの世界も、
こういうことがここでならありうるという説得力がじっくり描かれているので
素直に受け入れられる。

ストーリーは奇をてらわずシンプルなのがよい。
ジェームス・キャメロン自身が、
「みんなが知らない世界で、みんながよく知っているアドベンチャーを表現したい」と語ったとおり。

それは、この作品の主題というか、目的がシンプルだからこそ。
複雑で小難しい話にする必要は微塵もなかった。

(以下ちょっとネタバレ)

また、一方的にナヴィたちが勝たないというのもいい。
彼らの多くが死んだり、村を破壊されたりする、そういうシビアさもいい。
そんなにご都合主義的に、傷一つないとか、愛と勇気は文明にも勝つとか、
そういうのがなくていい。

「星を守るのは、星自身の意思」
という、まるでFF7で聞いたのと全く同じコンセプトのクライマックスは、
ものすごく妥当だと思った。

ちなみに、FF7のライフストリームや古代種、マテリア、魔晄エネルギーというコンセプトもダダかぶり。
「神聖なパワーがあふれる森で先祖と会話をできる」とか。
FF7が発売されたのが13年ほど前なので、
「構想14年」の「アバター」も少なからず影響を受けてると思われる。
クリーチャーやフィールドのデザインは、昨今のFFとそっくりだし。
(ファンタジーCGを追求するとそういう方向に行くのか?)

あと、「インディペンデンス・デイ」でやってるような、エイリアンと闘うぜエイエイオー!みたいなノリを
エイリアンが侵略者である地球人と戦うという構造で描くのが、自虐的で少し笑えた。

全体的に、必然性がある映画、と言えばよいですかね。
3D映画の金字塔とも言えるでしょう。

3Dありきで、それをベストな状態で見せるのに最高のストーリーと最高のモチーフ。
でも、とってつけたものじゃなく、自然に融合している。
それが素晴らしい。

3DでアクションやSFをやるのが当たり前になってしまったら、
この作品自体はどうということはなくなると思うのですが、
それでも意味があることをやったと思います。

これから、こういう方法論を踏んで、どんな新しいエンタテイメントが見られるのか、
とても楽しみに思います。


日常と映画の関係でも記事にしました。
デジタル化時代の到来-アバター-
[PR]
by callingu2 | 2009-12-29 00:24 | SF

サマーウォーズ

宮崎アニメ的画風に、アキバテイストがほどよく合いまった作品。

一見、ジブリ?と思わせて大衆を引きつけといて、
夏樹たんの袴姿とか、
エヴァのカジさんを髣髴とさせる侘助やら
影ある少年キングカズマは萌え要素。
マクロス風キッズ3人組、
パワフルなおばあさん、
サエない主人公、
などなど、要所を押さえてる。

モチーフはあまりにイマドキすぎて
ジブリを期待した小学生や中年以上の世代には理解不能だと思うけど。

細かい矛盾やツッコミどころを
全速力展開でなぎ倒していく力強さが全てのお茶をにごしまくって
結果、成功したのかな、と。

あと、プロダクトプレイスメントがすさまじかった。
i-phone、ニンテンドーDS-i、マツダRX7、VIERA、DELL・・・

OZの画は村上隆すぎるだろ、とか。

全体的にとにかく、

無茶苦茶な話やけど、よーできとる。

面白かった。
[PR]
by callingu2 | 2009-12-16 23:51 | アニメ

南極料理人

ひさびさに、映画。

本日公開の「南極料理人」と、
先週公開の「色即ぜねれいしょん」

一日2本。
というのは、人生初かも。

こういう極端なことをやろうなんて話になるのは、
腐れ縁系映画友なアイツくらいしかいませんが。

「南極料理人」。

私はとにかく堺雅人が見たくて。
あー、やっぱり素敵。

なんですかねえ。
唯一無二の存在ですねえ。

役者という職業に対する彼のスタンスが、スクリーンから透けてきます。
いつも。どんな作品でも。

あとは、おいしそうでした。またしても。

「かもめ食堂」や「めがね」といった
おなかがすく、ごはんバンザイな映画たちを手がけた
フードスタイリスト飯島さんが
本作でも、ごはん作ってるそうで。

ごはんバンザイです。

おうちごはんバンザイ。

南極という極限の地で、
400日以上も、たった8人(全員男性)で生活する基地のくらし。

食べることって、ただひとつの楽しみじゃないですか。
それも本能直結の。

そしてごはんを作る人は、なんだか自然と
みんなの「おかあさん」になっちゃうんだなあ、とか。

ごはん、おいしそうでした。

おなかがすきます。とにかく。
[PR]
by callingu2 | 2009-08-23 01:10 | コメディ

天使と悪魔

天使と悪魔とかっていうと、

天使のような~悪魔の笑顔~

という、どっちやねん的なマッチの歌が聴こえてくるのは私だけでしょうか?

「ダ・ヴィンチ・コード」の続編、「天使と悪魔」を観て来ました。
有楽町マリオン、日劇へ。

なんかちょっとキレイになりましたね、ここ。
東宝シネマになって。
日本一大きなスクリーンです。

作品の方は、結構面白かった!

前作同様、話は、なんかキリスト教世界のことなので難しいんやけど。
そんなこと深く考えずに、おおざっぱーに観てれば、十分楽しい。

ちょっとだけ久しぶりに見た気がする、ユアン・マクレガー。
好青年風典型的アングロ・サクソン君。

話が二転三転して、おっと、なるほど、そうか、へーと思う。

ローマの街が鮮やかに切り出される数々のシーンは、大変美しく。

ダイナミックさでは前作の方が優れていたと思いますが、
いい感じに見せ場があって、ドキドキハラハラ、
ミステリー&アクション映画として正しい感じがしました。

ナショナル・トレジャーとかと同じ感じなんだけど、
舞台がヨーロッパだけに、もうちょっと詩的。

後半最大の見せ場、とーっても美しくて、大迫力で、感動的なシーンがあります。

あれ、いいねえ。
後々まで反芻しちゃうねえ。

映画は娯楽。これでよしなのです。
[PR]
by callingu2 | 2009-05-18 00:04 | ミステリー
地上波にて。

原作を読み、単発ドラマで観て、最後に映画を観ました。

映画が一番良かったな。
結構、泣けちゃいました。

樹木希林の、とぼけて、おどけて、柔和なお母さんは、
うちのお母さんにも似ていました。
きっと、誰のお母さんにも似ているでしょう。

私はお母さんが大好き。
それは、よく言う、「友達親子」とか「姉妹みたいな親子」というのではなく、
ただ純粋に、親として大好き。

母には何でも話せるわけではないし、何でも頼れるわけではない。

こういう感覚の愛情というのは、本当に、いつ、どこで生まれたのか、
生まれたときからなのか、育っていく過程の中でなのか、
もう分からないけど、
でも、確かに、それは大事な大事な気持ちで。

もちろん、父も、祖母も、弟も、私にとっては、同じような愛情の対象で。

GW、ずっと実家に帰っていて、
ちょうど東京に帰ってきた夜に、この映画を観た。

実家で、母や祖母のそばにいると、
無駄に「おかあさん」「おばあちゃん」と呼んでしまう。

本当は、もうこんな年になると、
自分自身の家族をもって、愛情の矛先をまた別のところにも作っているべきなのかもしれないけど、
それができていない私は、
近頃は、一段と家族が恋しくなっている。

歯がゆくて、切なくて、やりきれない。
[PR]
by callingu2 | 2009-05-09 10:13 | ドラマ
90年代半ばに公開された映画だが、私は知らなかった。
この映画を観て人生を変えたという人の話を聞いて、DISCUSで借りた。

主演のショーン・アスティンは、
ロード・オブ・ザ・リングのサム役だったり、
「24」でもヘタレエリート上司役だったり、
地味だが面白い役をやっている人。

ていうか、サムとあのヘタレ上司が同一人物だったとは。

本作は、大学アメフトの映画ということで、
日本人にはなじみの薄いテーマ。

といっても、メインはアメフトというより、とある青年が夢を追って努力する青春ドラマで
スポーツスポーツしているわけではない。

ちなみに、実話が元になっているんだそうだ。

この青年、アメフトの才能がない。
そもそも体格がよくない。

それどころか、大学に入学できる学力がなく、
親には通学させる経済力がない。

子どものころから、名門ノートルダム大学のアメフト部でプレーするのが夢だったルディが
一度は夢を諦めて製鉄所で働くという道を選ぶものの、
親友の事故死をきっかけに、もう一度と決心して仕事を辞め、
猛勉強して大学に入学し、さらにアメフト部で万年補欠をやりながら努力し続けるという・・・

こう書いてしまうと、ものすごい根性モノという感じなのだけど、
作品自体は、嫌味がない。
あまり大げさな感じがなく、淡々と描かれている。

試験に何度もすべってしまったり、
到底レギュラーになんてなれなかったり。

でも、もう、意志のパワーだけで、彼は努力をやめない。

意地になっても、なんであっても、
夢を実現するために、なにがあっても絶対に必要なことは、
やめないこと、続けること、諦めないこと。

周囲からは、心ないことを言われ、
時に、愛する者が去ったり、不安に押しつぶされそうになったりする。

器用じゃない。
うまい生き方じゃない。

でも、最後に彼は夢を実現するし、
その軌跡が、周囲の心を揺さぶる。

もうだいぶ前だけれど、私がブログに「信じるというゲーム」という詩のことを書いたことがあって、
http://escargot1.exblog.jp/1034217/
そのことを思い出した。

この映画を観て人生を変えたという人は、
それをきっかけにすごく努力して、この映画の舞台である大学に入学した。

時に、映画には、そんな力が本当にあるんだなあ。
[PR]
by callingu2 | 2009-04-28 00:02 | ドラマ
「チームバチスタの栄光」の続編ですが、その映画は観てません。
ドラマで観ましたが、結構面白かった。

映画のほうはいまいちっぽい話も聞いてたけど、よくわからない。

前作を見てないのに続編を見るというのは、私からするとごく珍しいパターンなんだけど
なんで観たかっていうと、単に

堺雅人が出てるから、

というミーハーな感じ。

あと、一緒に見に行く人の雰囲気やスケジュールや、諸々のシチュエーションを踏まえると、
重すぎず軽すぎずラブストーリーではなくマニアックでない、ポピュラーな邦画がよい気がしたんです。

だいたい私は、そうやって見に行く映画を決めます。

その週公開だった「ワルキューレ」は重いし、長いし、なんかね、
その後の会話が堅い感じになりそうじゃん?

「ジェネラル・ルージュ」くらいが、誰かと行く1stムービーにはちょうどいいですよ。
感想が「面白かったね」くらいで終わる程度の映画が。

で、実際、なかなか面白かったですよ。

前回は技術的な話がトリックになった医療サスペンスだけど、
今回は医療に関わる諸問題を背景にしたサスペンス。
医療技術そのものは、あんまり関係がない。

最近流行のドクターヘリとか、病床数の問題、大学病院の縦割り組織、
医師不足、救急医療センターの体制・・・などなど。

野戦病院かのごとき緊迫感のある緊急医療シーンや
裁判もののような倫理委員会でのやりとり、
ドキドキする見せ場があって、
あー、今、私の心拍数あがってるなーって思う。

それに加えて、阿部寛と竹内結子のやりとりが笑える。
極端な阿部ちゃん、情けなすぎる竹内。

そして、堺雅人は、堺雅人らしさの際たる一面を見事発揮。
少しエキセントリックで、少しイカれてて、
何かたくらんでそうで、だけど力が抜けている、
そういうキャラクタを熱演。

本当に、素晴らしい役者です。

とっても面白かったんだけど、
最後のラブストーリーは余計。
それ、明らかに変だろ。

せめて、女子から告白させろよ。
ジェネラルはそういうキャラじゃないでしょ。うん。
[PR]
by callingu2 | 2009-03-26 17:46 | サスペンス

少年メリケンサック

痛快で楽しい!

はっちゃけた宮崎あおいの好感度がとにかく高し。

宮藤宮九郎作品らしい遊び心がたっぷりで、
テンポもよく、くだらなく、物を描く角度がよく。

舞妓Haaaan!の数千倍いい。

田辺誠一演じるGacktっぽいキャラクターとか、
ピエール瀧のただ者ならぬインパクトとか、
この手のキレやすいおかしなおっさん役はもう他にいない佐藤浩市とか、
キム兄のへたくそな東北弁とか。

回想シーンの方のキャラクターたちのイカレ具合がまたよかった。

勝地涼がゆるくキモいのも。

あんまり色々語るような作品じゃないでしょ。

とにかく面白いから、まー見てみて。という感じ。
[PR]
by callingu2 | 2009-03-02 00:26 | コメディ

魍魎の匣

年末、実家のWOWOWで鑑賞。

京極夏彦の作品を読んだことがないが、それを好きな人も多いと聞く。
「魍魎の匣」は、京極夏彦原作の百鬼夜行シリーズ第2弾。

知らなかった。
「姑獲鳥の夏」の続編というか、シリーズ作なのね。
確かに、「姑獲鳥の夏」を観たわけではないが、堤真一が主演らしきことや
金田一シリーズとも共通する、昭和初期的時代背景や仄暗く謎めいたビジュアルが、
両作をイメージの中で区別できなくさせていたのは、事実。

石田あゆみが出てるんだっけ?と思ったら、そっちは「姑獲鳥の夏」だった。

予告編の感じでは、かなーり怖いのかな?と思っていたが、
怖いは怖いが、コミカルな要素も多く、
なるほど人気シリーズになりそうな気がする。

堤真一、阿部寛、椎名桔平、黒木瞳、柄本明、宮藤宮九郎、宮迫博之、田中麗奈。

なんと、なんと豪華な。

堤、阿部、椎名の3ショットなんてもう、そんじょそこらにないインパクト。
クドカン、めっちゃキモイ役ではまる。
黒木瞳は、年齢的な感じも含めて、ちょっとムリがあった気はするけど・・・

本作で新人賞かなにかをとったらしい、谷村美月は、
名前しか知らなかったけど、今回初めてその演技を見て、
ほほう、なるほどと。

四肢を切断され、いわゆる「だるま」になってしまった状態で
床を這うという・・・
アイドルとして、あれは、なかなかのチャレンジ。

本作最高の衝撃シーン。
あのおぞましさ、絶対、一生忘れないな。

ホラー苦手なので、この手の作品は自分で好んで観ることはほぼない。
テレビでやってたら観るかな、くらい。
でも、このエグさは、地上波はムリじゃないかな・・・

WOWOWよ、ありがとう。

母は、テレビ観ながら「なんやこれ。なんやこれ」と何度も言っていた。
父は、観終わった後に、「全然意味がわからん映画やった」と言った。

確かに、ちょっと難しいっちゃあ難しいんだけど、
でも、そう言いながらも、最後まで観てしまう、
なんだか不思議な魅力のある作品でした。
[PR]
by callingu2 | 2009-01-16 11:10 | ミステリー