「ほっ」と。キャンペーン

「日常と映画の関係」で記事にする前のおぼえがき的映画第一印象メモ。


by callingu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:★★★ ( 25 ) タグの人気記事

となり町戦争

たぶん、これの感想書いてなかったよね。

原田知世を久々に見た感じで、
でも、なんか、素敵だなーと思った。

もう40歳近いようなんだけど、まったくそう見えない。
透明感があって、気品があって、少女のようで。

あー、ああいうふうになれたらいいなあ。

私とはキャラがかけ離れてるか・・・

江口洋介も好きなの。
彼が20代だったころは全然好きじゃなかったけど、
今の彼は、落ち着きとやわらかさと、ピュアさと力強さが宿った感じ。
とてもよい。

という、魅力的なアラフォー二人が主役の映画。

低予算で作られたんだろうなーと思う、手作り感あり。
なんとなーく背景がチャチなのね。
登場人物も少ないし。

タイトルが「となり町戦争」。
小説の映画化だけど、「戦争」という響きと、映像のギャップが激しい。

これがまた、小説及び映画のテーマなんだけど。

淡々とした日常の背景に、生死がからむ戦争。しかも、となり町と。

理不尽さ極まる、一種のホラー。

無機質なムードに、原田知世のようなサイボーグっぽいビジュアルが、
とてもはまってた気がします。

映画としては、まー、それほど面白くもなかった。
[PR]
by callingu2 | 2010-01-15 01:05 | サスペンス
「カールおじさん」って言っちゃう。

そりゃカルビーだって。


きのう、見てきました。
3Dメガネかけて。


序盤の回想シーンがすごく切ない。
そこだけで泣ける。

だけど、途中からそういうことは全部忘れちゃうんだけど。

後半は、小技なギャグ満載で笑えます。
WALLIEよりだいぶよかった。

わざとらしいほど笑いすぎな女子グループがいて、
あれは勘弁して欲しかったけど。

そういえば、久々に吹き替えで映画観たな。
映像に集中できて、意外と良かった。


3Dっぽさは、あるんだけど、まあ、飛び出す絵本的な。
きれいで楽しいけどね。

近視なんで、メガネの上に3Dメガネすると、
重いし、うっとうしい。
あれ、なんとかならんか。


てか、「アバター」を3Dで観なきゃだめでしょ。
予告編観て、これぞ3Dって迫力だったよ。

この際、ストーリーとかはどうでもいいんですわ。
[PR]
by callingu2 | 2009-12-22 00:30 | アニメ

色即ぜねれいしょん

「フラガール」「スウィングガールズ」は、集団がんばる系青春ガールズムービー。
「ウォーターボーイズ」はそのボーイズバージョン。

とすると、「色即ぜねれいしょん」はそういう系かというと、
実際のところ、そういう系じゃない。

もっとだめだめで、もっとアホアホで、もっと露骨で、もっとリアルで、
だけど適度にオブラートされている、
ポップなアホ男子ムービー。

私は、これこそがホントの意味での「ボーイズムービー」なんじゃないかなと。

たとえば、少年漫画というのは、あくまで少年の理想であって
少年の現実ではない。
少女漫画も同じく、少女の理想であって、少女の現実ではない。

少年漫画にも少女漫画にもリアルはない。
しかし、一方で、少年とは少女とはこういうものに憧れるものだという、
一歩引いた視点からの現実がある。

その人が憧れるものが何かが分かると、
その人がどんな人かはかなり分かる。

そういう意味でのリアリティ。

「ウォーターボーイズ」が少年漫画的な世界だとすると、
「色即ぜねれいしょん」は少年漫画的世界に憧れる少年の世界。

だから、女子はそれをせせら笑い、
男子はそれにノスタルジックな癒しを得るんだと思う。

ちなみに、同じ方向性から観た、私的ガールズムービーは「ストロベリーショートケイクス」。

男子はそれに恐れおののき、
女子はそれにカタルシス的な癒しを得るんだと思う。

「色即ぜねれいしょん」と「ストロベリーショートケイクス」というのは、
かたやアホムービーで、かたやシリアスムービーなんだけど、
なんとなくそれこそが、男女の違いというか、
幸でも不幸でもある、切ない関係性というか、
そういうものだと思うわけです。
[PR]
by callingu2 | 2009-12-16 23:40 | ドラマ

波の数だけ抱きしめて

ホイチョイムービーの存在はもちろん知っていたけど、
観たことはなかったのです。

どうせバブル期のアイドル映画でしょ?的な先入観で。

で、今回はじめて、実家にてWOWOWで観ました。

織田裕二、中山美穂、松下由樹、別所哲也・・・が、20代前半の頃に出演。

・・・若い!
とくに松下由樹!

で、結構よかったです。
見くびってました。

話は単純といえば単純だし、中途半端に現実のディティールが多いし、
いかにもバブリーな感じもするし、
細かいところのセンスは、決して好きではないんだけど、
気持ちいいほど爽やかなセイシュンものってかんじで。

中山美穂はともかく、織田裕二や松下由樹は、
さすがにその後実力派として成長していくだけあって、
演技も見ごたえ十分。

恋心ってなんだったかなーと思い出す感じがしました。

それにしても、女性たちの色が黒すぎ。
美人台無し。

こんな時代だったんだなー!
[PR]
by callingu2 | 2009-05-09 00:53 | ラブストーリー

HERO

お正月に(テレビで)観た映画、もう一個忘れてた。

そうそう、「HERO」!
キムタクの「HERO」ですわ!

仲良くハハと観ました。

この映画を見せるために、年末にHEROを一気に再放送してましたね。
それも半分くらい見つつ。

ドラマは、もう随分前なのだなあとびっくり。
時が経つのは早いものです。

キムタクが好きかというと、そうでもない。
「あすなろ白書」をピークに下降線。

なにやってもキムタクはキムタク。
でも、たぶん、あの人はスターなんだろうと思う。
何かにつけて器用すぎる。
特別な何かをもってるんでしょうね。きっと。

一生、キムタクはキムタクのままいてくれ。

キムタク、フォーエバー。

ということで、「HERO」。

内容は所詮2時間ドラマレベルのもので、
映画にした意味は、単なる金儲けにすぎないでしょう。
タモリが登場するなんていうのは、話題をさらう要素ですけれど。

あ、あと、イ・ビョンホン。

かっこいいよね。イ・ビョンホン。

はじめてみたとき、なんじゃこのゴリラ顔はと思ったけど、
見慣れてくると、なんだかとってもいい男。

声もいいよね。
キムタクの5000倍くらい、いいよね。

イ・ビョンホンの映画って、全然観たことないけど。
(今度見てみよう)

で、話を戻す。

もともとドラマが、とても面白かったので、単純にこの映画も面白いんだけど、
それでもやっぱり、2時間ドラマの域です。

あ、話戻しすぎた?

いや。これでいいのです。

だって、それに尽きるのだから。
[PR]
by callingu2 | 2009-01-22 00:51 | サスペンス

オリヲン座からの招待状

オリオンじゃなくてオリヲンでしたね。ここ、重要(?)

なんというかね、「映画俳優」っていう言葉を思い浮かべましたよ。

加瀬亮も宮沢りえも、映画俳優という言葉がふさわしい。

日本の芸能界は、テレビに出てる人が映画にも舞台にも出るという構図で、
だからちょっと、全体が安っぽい感じってあるんだけど、
でも、中には「映画俳優」って呼べる人たちがいて、
その人たちには特別な存在感やオーラみたいなものが、
あるのかできるのか、ないといけないのか、あるような気がするのか分からないが、
とにかく、なんかしら、あるわけです。

まあ、二人とも、CMにはよく出てるけどね。

でも、CMも、こう、ほんとに、いいやつに出てるよね。

最近、新しいサントリーオールドのCMに、加瀬亮がすっごいいい役で出てて、
あー、やっぱりね、これは加瀬亮しかないよねって。思ったもん。

というか、娘が一人暮らしの父親のもとに婚約者を連れてきたみたいな話なんだけど、
テレビつけたら、そのCMの途中で、
「嫌なやつだったら殴ってやったのにな」
って父親が娘と二人きりのときに言ってるシーンだったんだけど、
それで、あ、このあと婚約者が出てくるなって思って、
その婚約者って加瀬亮でしょ!って、思った次の瞬間、加瀬亮登場ですよ。
(実際のCMは頭から出ているらしい。まだ一回しか見てないCMなのにこの印象残りっぷり!)

と、話をオリヲンに戻すわけですが。

加瀬亮と、宮沢りえが、とても美しくはかない世界観を作り上げている作品でした、と。

でも、そこはかとなくチープな部分が多く、映画そのものとしては
やや見ごたえに欠けるかな、と。
脚本的にも、映像的にも、演出的にも。
特に、現代のシーンがとってつけたような感じ・・・。

渡月橋のシーンと、宮沢りえが自転車で落葉の中を走るシーンが切なくてきれいだった。
あと、蛍もね。よかった。

この映画は、日常と映画の関係の記事にします。
[PR]
by callingu2 | 2008-10-02 10:19 | ドラマ

ガープの世界

文学作品の映画化、という感じがする。

ロビン・ウィリアムスって、コミカルなんだけど、ちょっと狂気があるのよね。なんだか。

考えれば、そんな役が多い気がしません?

いまを生きる、フック、フィッシャー・キング、トイズ、
ジュマンジ、奇蹟の輝き、ストーカー、ナイト・ミュージアム・・・

ほら、どこかエキセントリックで現実感のない存在ばかり。。。

という俳優の映画出演初期の作品です、「ガープの世界」。

そしてまた、グレン・クローズという、これまた狂気キャラの人。

「ガープの世界」は、決してクレイジーな物語ではないが、
そこはかとなくクレイジーに浸されている。

ディティールにしても、物語の大きな節目にしても、
少々、グロテスクなテイストが。

セックスにまつわるエトセトラ。
不義や殺人。
エキセントリックなフェミニズム。

久々に、アメリカ的な作品を観た、という気がした。
アメリカの文学作品的な。
[PR]
by callingu2 | 2008-09-30 00:51 | ドラマ

恋愛睡眠のすすめ

やっぱり私は、ミシェル・ゴンドリーは好きなんだなあ。

あの、現実と夢が錯綜するポップな感じ。

でも、ちょっと病んでる感じ。


この作品もとてもかわいくて好きなんだけど、最後はよく分からなかったなあ。


クレイアニメーションぽいところとか、
1秒タイムマシンのくだりとか、
すごく好きなんだけどね。


夢の中に逃げるしかできない、半分以上病気の男性。

そして、「エターナル・サンシャイン」と同じこと言ってるよ。



「君を好きになる前の僕に戻してくれ」



恋というのは、ほんとうに、全部をめちゃくちゃにしてしまう。


だけど、やめることができない。
[PR]
by callingu2 | 2008-08-04 10:28 | ラブストーリー

憑神

妻夫木君がかわいい。

森迫永依がかわいい。



もうちょっと広がりや迫力があるかなあと思っていたのだけど、

ちょーっとこじんまりしすぎていたかな、と。

実にあっさりした作品で。


なかなか俳優陣は面白いんだけどねえ。

佐々木蔵之介、夏木マリ、西田敏行、赤井英和・・・


「平成狸合戦」とか「千と千尋の神隠し」とか、ジャパニーズもののけコメディ系のジブリ作品を実写化したみたいな世界観だな、と思った。

幕末話のスケールと絡めるのは、ちょっと無理はあるけどね。


武士の悲哀みたいなものを描いたのは面白かったかな。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-29 17:08 | コメディ

男はソレを我慢できない

どうなんでしょうね。これは。

大宮エリーという個人的に気になる存在が脚本をやっているというのもあり、
観てみました。

とにかく出演陣は豪華。

竹中直人、鈴木京香、大森南朋、小池栄子、清水ミチコ、ベンガル、高橋克実、温水洋一・・・すごいよね。すごい。

で、下北沢オン・パレード。

街興し(?)映画なのかな?とでも思うような。

まあ、この映画、シモキタ・シネマ・プロジェクト、っていうらしいけど。


私にとっても、シモキタは思い出深いまち。
大学から近かったので、上京したばかりのころ徘徊してたまちです。

そしてそれは、大学の同級生である大宮エリーにとっても同じはず。

小池栄子はシモキタ出身だしね。
駅前のパチンコ屋が実家らしい。


まあ、ようわかりませんが、ハイテンションなエロムービーでした。

正直、脚本がどうこうっていう感じじゃない映画なんだけど。

まったくナンセンスなテイストで。


下北沢=山の手の下町が舞台の人情物語ということで、
主人公は「大河=タイガー=寅さん」
その妹は「ちえり=チェリー=さくら」
っていう。


方向性や価値が分からないわけではないのだが、
好みとしては、まあまあかな、というかんじ。
[PR]
by callingu2 | 2008-07-21 00:01 | コメディ