「日常と映画の関係」で記事にする前のおぼえがき的映画第一印象メモ。


by callingu2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

レッドクリフ

ジョン・ウームービー!

ザ・娯楽映画。

つっこみどころがいくらあろうが、とにかくね、もう、映画っていうのは
これくらい振り切ってる方がいいよ。面白いよ。

複雑な古代中国史なんて軽く無視して、
いいもんはいい、わるもんはわるい、
頭のいいやつ、悪いやつ、
度胸のあるやつ、臆病ななつ、
分かりやすいキャラクター設定で、とにかく英傑時代劇完成。

もちろん、サービスカットもアリ!

めっちゃ面白かった!

なんといっても大迫力アクション。
群入り乱れての大立ち回り。
いっぱい人が死ぬけど、血なまぐさくないぎりぎりの線で描いてる。

中国の兵法をビジュアル的に表現したのも面白かった。
ほー、陣形とはこういうことかーと。

三国志マニアな人たちも十分楽しめるのでは?

あ、劉備がえらいおっさんだとか、曹操がえらい腹黒いじっさんだとか、
そういうのは、まあ、いろいろなイメージがあるんでしょうけど。

私は三国志、よく知らないからぜんぜんいいや。

金城もトニー・レオンもかっこいいんだけど、
趙雲がかっこよかったね。
気は優しくて力持ち系。

続編では、趙雲死んじゃうのかな?予告編で見た感じ。

史実を知らないからこそ、またそれも楽しめるわけですかな。
[PR]
by callingu2 | 2008-11-10 17:01 | 歴史物